FC2ブログ

東雲水域

性転換系、交換系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

目が覚めたら、雌畜になっていた件 1

※ふたなり描写があります。
※耐性のない方はご注意ください。



 目が覚めたら、視界の下の方に双丘が聳え立っていた。

 な、何を言っているかわからねーと思うが、俺も何を言っているのか…………というお約束なネタはさておき、その時、俺は本気で呆然とした。
 寝るときは普通に仰向けの姿勢で寝る俺だが、今日はなんだか寝苦しくて目が覚めた。胸の上に何かが乗っているような、そんな重みを感じていたからだ。
 飼い猫のタマがたまにあるように布団に潜り込んできたのかと思ったけど、その予想はまるで外れで、そこには脂肪の塊が乗っていたというわけだ。
 最初、俺はそれがなんなのかわからなかった。パジャマを下から持ち上げているそれは、視界の邪魔になるくらいに大きくて、なにか詰め物でもしない限りはそんな状態にはならないはずだった。
 半分ねぼけたまま、それに手を触れてみて、俺はそれが自分の体の一部であることに仰天した。
「ええっ!?」
 思わず跳ね起きると、それがその動きに合わせてぶるんと揺れ、至るところに痛みを感じるほどだった。それがなんなのか、わからないわけではなかったけど、それがどうして自分についているのかわからなかった。
「ど、どうなってるんだ!?」
 俺はそれを両手でつかむようにして持ち上げる。それは奇妙に柔らかく、さわり心地は抜群だった。これまで生きてきた中でこんな大きさのこれに触ることなんてなかったけど、『それ』が極上のさわり心地を持っているのだということくらいはわかる。
 俺の胸に突然生えた『それ』……いわゆる、おっぱいという奴が。
 片手で掴んでもなお余るような大きさといえば、その大きさがどれほどのものかよくわかるだろう。しかし、そこで俺はさらに自分の体の異変に気付いた。自分の手がいつもよりかなり小さかったのだ。それに、うつむいた拍子に耳の後ろから、ぱらり、と黒いものが視界に入ってきた。
「……おいおいおい……まさか……」
 鏡を見たい。そう思ってベッドから降りようとした俺は、目の前に姿見があることに気が付いた。もちろん元々の俺の部屋に姿見なんてしゃれた物があったわけはない。それも不思議に思ったのだけど、それ以前にその鏡にうつった光景に度肝を抜かれた。
「……俺……なのか……?」
 そこに移っていたのは、平均以下の容姿ながら、別に嫌いなわけでもなかった見慣れた自分の容姿ではなく、人形のように顔立ちの整った、スタイル抜群の女の子だった。
 その女の子が、俺の意思で体を動かして、信じられないという様子で俺を見返している。
「俺、女になっちまった……!?」
 そんな馬鹿な、と思いつつ、俺は自分の股間に触れてみた。そして、違う意味で二度驚愕することになった。

 美少女の姿になった俺の股間には……いつもの俺についているものがあったからだ。
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

夜空さくら

Author:夜空さくら

はじめに
当ブログは性転換系・交換系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
最新コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。