FC2ブログ

東雲水域

性転換系、交換系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

絶対理想彼女 3

 足の拘束具は、足首と足の付け根に巻き付けたベルト同士を短い鎖で連結する形になっている。これがあるせいで足を曲げた状態から動かせず、立ち上がれない。
(アームサックと同じで、鍵まではかけていない……なら、外せるはず……なんだが)
 問題はアームサックに包まれた手では、ベルトを緩めることも出来ないということだ。
 拘束具同士を連結している鎖は細いながらもしっかりしたもので、試しに無理矢理足を伸ばしてみようとしたが、この身体の力は見た目の女性相応なのか、鎖が歪む気配はない。細い鎖なのだから、男の力なら引きちぎれそうなのだが。
 いま手元ない力を求めても仕方ない。なんとか外す方法を探さなければ。
(……そういえばアームサックの先端に、何かに引っかけるための金具があったな……それを上手く足のベルトに引っかければはずせねえかな?)
 アームサックの先端には丸い金属状のリングがある。本来これは天井から垂れ下げたフックにかけて吊し、前屈姿勢を強制するためのものだ。
 ひっかける程度のことなら出来そうなので、それが上手くできれば、足のベルトを外せるかもしれない。
(よし……くっ……ぬぅ……む、無理か)
 試してみようと身体を捩りかけ、すぐに諦めざるを得なくなった。
 身体ごと捻れば、一応足の拘束具にリング状の金具を当てることくらいはできるが、そこからベルトに上手く引っかけて、ベルトを緩めるなんてことは神業の域だ。それにその動作だけでも肩の関節に無理がかかるのか、痛い。
(ちくしょう……ベルトが緩めば、こんな拘束……いや、待てよ?)
 俺は改めて足の拘束具の様子を見る。足首の方はさておき、足の付け根の方のベルトはきつく肉に食い込んでいるように見える。だが、そのベルトはその場所に固定されているわけじゃない。
 足の力のかけぐあいによっては、ずらすことくらいはできそうな感じだ。足先側にずらすことができれば、なにもベルトを緩める必要はない。枷がついたままでも、足が伸ばせれば歩くことは出来る。
 身体ごと前に倒れ込むことができれば、さらにずらしやすくなるだろう。
(と、なると次の問題は……)
 俺は身体を横に倒そうとして、体内を抉られるという未知の感覚に震えた。
 そう、この場から動けないのは拘束されているということ以外に、もうひとつ理由がある。俺の身体を貫いている、本来の俺自身の逸物。
 一度出したはずなのに相当な硬度を保って屹立しているそれをなんとか抜かなければ、俺は自由に動くこともできない。
 まずはそれをどうにかしなければならなかった。

つづく
[ 2018/05/15 20:00 ] 小説・絶対理想彼女 第一章 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

夜空さくら

Author:夜空さくら

はじめに
当ブログは性転換系・交換系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
最新コメント