FC2ブログ

東雲水域

性転換系、交換系の18禁小説を書いています。関連の同人・版権作品のレビューも書きます。18歳以下の閲覧禁止。

絶対理想彼女 2

 世の中にはエスケープゲームというものがある。
 いわゆる縄抜けとか解錠技とか、そういう技術を競うゲームだ。挑戦者は鍵のかかった箱などの中から、制限時間以内に脱出しなければならない。マジックショーの出し物のひとつとして有名だな。
 ただ俺は一般的にいうそっちより、エロい意味でのエスケープゲームの方に馴染みがあった。美しい女優が縄や手錠、あるいは革の拘束具などで捕らえられた状態からスタートし、制限時間内にその拘束からの脱出を目指すという形だ。AVでそういう企画ものがあって、俺はそれが結構好きなのだ。まあAVという仕様上、大抵は脱出に失敗して待機していた男優とのセックスになるのだが……それはまあいい。
 ある意味、この時の俺はその状況にあると言えた。
 様々な拘束を施したラバードールを使っていたら、突然自分の意識がそれに移ってしまった。当然、俺は拘束されている状態になり、自由に声をあげることもままならない。

 どうしてラバードールに意識が乗り移ってしまったのか?

 脱出を意識せずに着けてしまったこの拘束は自力で外せるのか?

 元の身体は俺を貫きつつも動かないが、どんな状態にあるのか?

 そして、元の身体に戻れるのか?

 様々な疑問が頭の中を過ぎるが、とにかく行動しなければ始まらない。
「フゥ……フゥ……」
 俺は慎重に息をする。口は開口具によって塞がれている。俯くと割り開かれた唇から唾液が零れてしまう。だから時々上を向いて飲み込まなければならなかった。
 AVや小説ではおなじみのシチュエーションで、俺自身それが非常にそそる描写だと思っていたが、自分がする側に回るとこうも屈辱的に感じるものだとは知らなかった。
 普段は意識するまでもなく抑えられている涎というもの。それが垂れ流しになることが、こんなにも尊厳を踏みにじられることだったとは。
 俺はまだ自分しかこの場にいないからまだいいが、それを別の人間に見られて、揶揄されたらと思うとぞっとする。……いや、正直に言おう。ぞくぞくする。
 俺自身はごく普通の男で、Mッ気はなかったはずだ。むしろ女が弄られているのをみて興奮するSッ気のある方だと思っている。
(本当はそういう気質があったのか、それとも、この身体になっているからか……?)
 自分の意外な可能性、というパターンもあったが、それよりありそうなのは、理想の女として注文したこのラブドールが『そういうものだ』ということだ。
 いま言った通り、俺は自分ではSッ気のある方だと思っている。その俺が相手になる女性に求める理想となれば、『多少の痛いことや苦しいことは気持ちよく感じ、受け止めてくれる存在』となる。
 その理想に引っ張られているのだとすれば、おかしな話ではない。
 いずれにせよ、拘束から脱出しなければ始まらない。とりあえずその辺りの考察はおいておくことにして、拘束具をどう外すか、その対策を練ることを始めた。
(まずは……腕か? 腕が自由になれば他の拘束具は簡単に外れるけど)
 俺は後ろに回したまま動かせない腕の状態を確認する。
 腕を拘束しているのはアームサックという拘束具だ。袋状の拘束具で、脇の下を通して肩にかけたベルトと、袋の口に当たる部分を絞ることによって、ずり落ちないように固定されている。手首、肘の辺りもベルトで閉められていて、それによって俺の両腕はまっすぐ伸ばして後ろに回し、左右合わせた状態で動かせなくなっている。
(くぅ……こんなに厳重に締めるんじゃなかった……っ)
 ラブドールなのだからと限界一杯まできつくベルトを絞ったのだが、それが災いした。
 この身体はとても柔らかい設定なのか、固定された状態での痛みや苦しみはさほどではなかったが、少しでも動かそうとすると途端に肩や背中に無茶なテンションがかかり、拘束具の名に恥じない拘束っぷりを発揮してくれてやがる。
 手の先は丸まってしまっているし、仮に丸めてなかったとしても、アームサックは分厚いものなので手先を使った作業はほとんど出来そうにない。
(幸い、ベルトは金具に引っかけてるだけだ……何かに上手く引っかけて捻れば、外すことは出来るはず……)
 実はそのベルト、本来は絞った上で南京錠などで固定することが出来るタイプで、もし鍵までかけてしまっていたらその時点で詰んでいた。
 雰囲気作りのためとはいえ、鍵までかけるのは面倒でかけなかったのだが、その無精に救われた。
(足さえ自由になれば引っかけられそうなものがあるところまでいける……つまり、腕の拘束を解くには、まず足を自由にすればいいってわけだ!)
 脱出のための筋道を作っていく。
 俺は次に足の拘束具がどうなっているかを確認することにした。

つづく
[ 2018/05/14 20:00 ] 小説・絶対理想彼女 第一章 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
カウンター
プロフィール

夜空さくら

Author:夜空さくら

はじめに
当ブログは性転換系・交換系の18禁小説ブログです。関連の同人誌・版権物のレビュー、個人的な語りなども書きます。18歳未満の方の閲覧はご遠慮ください。

『このブログについて』
・当ブログについてです。

『twitter』
・管理人のツイッターです。取りとめのないことを呟いています。

管理人運営の姉妹ブログ一覧
『黎明媚態』(露出・羞恥系)
『黄昏睡蓮』(猟奇・グロ系)
『白日陰影』(箱詰・拘束系)
『夕刻限界』(時間制御系)
『極夜天蓋』(催眠・改変系)
『東雲水域』(性転換交換系)
『星霜雪形』(状態変化系)
『異種祭祀』(異種姦系)

『pixiv』
・イラストは全て3Dカスタム少女を使用し作成して投稿しています。基本は小説の投稿です。

『ノクターンノベルズ』
・一部の小説をこちらでも掲載しております。
最新コメント